01 5月

新緑の季節になりました。

寒い冬が長かったので、桜に見とれ、近況をさぼっている内に萌黄色の初夏の装いになりました。

4月に入ってからは就労相談が増え、就労前訓練の支援、就労同行などを数件行いました。また、介護相談、高齢聴覚障害者のエンディングに向けた相談件数が多かったのも

目立ちました。5月からはサボらず、毎月活動状況を更新します。ご意見、ご感想などもお寄せください。

17 6月

訪問支援を開始して

4月から希望する方のお宅や施設に伺って訪問支援をしております。訪問してその日の体調に合わせて何をしたいか、本人の希望に応じて散歩や調理、買い物、模写、新聞のスクラップ記事を読んでまとめたりといろいろです。

ある方の支援では、4月は居住地域のサービスについて情報取集、5月はパンケーキを作りお昼に試食、6月はカレーを作りました。調理は将来自立して三食の内一食はバランスの良い食事を自分で楽しみながら調理するが目標です。まぁ、今までの所順調に進んでいると思います。これからは猛暑も予測されるので、冷房の効いた室内で折り紙とか手造りの作業も含めて考えたいと思っています。

5月の茶話会には、8人の方々が横浜や練馬などからもいらして下さり賑やかに情報交換しました。次回は、7月1日に行います。暑くなると思いますが、どうぞお出掛け下さい。

09 5月

耳は「首押し」で9割ラクになる。

4月末に、耳は「首押し」で9割ラクになるという難聴者にとって福音書ともいうべき新書が出版されました。著者は藤井徳治さんと言い、ご自身が突発性難聴で失聴しました。まだお若い時にそれまで勤務していた職場を退職され、鍼灸学校に通学し、鍼灸師の資格を取得し、現在新橋駅前で「一掌堂」という鍼灸院で治療を施行されています。

突発性難聴の早期治療で回復した体験、2000人以上の事例の治療から学んだ事実を本に纏められました。2006年に「ハリで治す突発性難聴」を初版、今回はその治療を重ねて更に詳細に記述されています。しかも自分で簡単に首押し、非常に分かりやすくツボの位置が図で理解しやすく書かれています。是非お手元に置かれることをお勧めする一冊です。

ゆうわに、2冊ともご寄贈頂きましたので貸出致します。どうぞご一読いただきたいと思います。

07 4月

お花見会は賑やかでした。

4月1日、快晴のお花見日和で、15人の方が集いました。ヨメイヨシノもまだ満開には程遠く、八重桜も開花し、こぶしもまだ咲いており、沢山の花々の中で手造りのお稲荷さん、人参グラッセ、ヨーグルトカレー、ゴボウの牛肉巻き、五目豆、フルーツ寒天サラダ、そしてケンタッキーの豪華チキン等、皆さんの心のこもった品々を桜ワインで舌鼓を打ちました。やはり、お花見は大勢で春のうららをお祝いするのがベストですね。

しかし風が冷たく、二時ごろからポツポツと雨も落ちたので、急遽ゆうわの事務所に場所を移動しました。狭いけどみんなで改めて自己紹介、聴こえの問題について情報交換をしました。たまたま久し振りにおいで頂いた松島敏一さんにご参加頂いたので、ご自身の人工内耳に至る経緯、現在の聞こえについての貴重なお話を伺えました。

次回の茶話会は6月3日午後1時から行います。5月は祝日に当たり、お休みさせて頂きます。筒井は、4月28日に鶴岡市で開催される第20回鶴岡・江戸川友好交流定期演奏会で「カルミナ・ブラーナ」を歌って来ます。

25 3月

4月1日はゆうわのお花見会

春本番、お花見の季節がやって来ました。昨年同様、宇喜田公園の桜並木の下でお花見会をします。船堀駅から臨海車庫行きのバスに乗り、三つ目「宇喜田公園前」下車、直ぐ前の桜並木がありますので、その中間位に宴席を作っておきます。そこを目印にいらして下さい。参加者は🍙だけご持参ください。1日辺りは満開かと思われます。その後、早八重桜も咲きだして、とても美しい光景です。花の命は短くて…ですから、是非愛でにお出掛けください。お待ちしております。

20 2月

江戸川区心身障害者(児)作品展

茶話会に参加されている方々が、多々作品を出品しております。期間は、3月2日(土)~3月4日(月)場所は、タワーホール船堀1回展示ホール。 最終日の4日は3時までで、 作品の撤収が2時半ごろから行われるので、その日はゆうわの茶話会とぶつかりますので、参加者の方々がその作業のために欠席になると事前に連絡を頂きました。

それで大変残念ですが、3月の茶話会はお休みとさせてください。その代り、4月には宇喜田公園でお花見会をさせて頂きます。是非皆様ご参加ください。お待ちしております。日時についてはまたご案内します。

11 2月

聴覚セミナーの案内

三寒四温、ことば通りの寒い日が続きますね。ゆうわの小さな庭には、10月から咲いた山茶花の花もまだ咲いていますし、水仙、グリーンピースの黄色の花がこの寒さの中でも咲いています。暖かい春が待ち遠しいですね。

2/23日、秋葉原ホールで「最先端聴覚セミナー」が開催されます。ベーシック実技コース、スッテップアップ実技コース、カウンセリング1dayコース等です。時間は10時から17時までです。ネットから申し込みが出来ますので、ご興味のある方は申し込んでみてください。

ゆうわの次回の茶話会は、3月4日です。どうぞお出掛け下さい。

12 1月

訪問支援を始めました。

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
2019年4月には元号が変わります。新しい試みとして、訪問支援を始めました。
ゆうわを開設して8年経過し、身体機能低下に伴って歩行が困難になった方もいらっしゃるので訪問支援も行うことにしました。居住する地域のサービスも利用しながら、自立した生活が出来る様これからも丁寧な支援をご一緒したいと考えております。

17 12月

平成最後の茶話会とパフォーマンス

12月3日に平成最後の茶話会を行いました。横浜や練馬など遠くの方もご参加いただき、楽しく交流会が出来ました。茶話会途中に、近くの行船(ぎょうせん)公園の紅葉と雪吊りの作業なども見て、冬が近いことも実感。しかしまだまだ暖かかったので紅葉がとても綺麗でした。

さて、9日に豊島区のあうるすぽっとで公演された南村千里さんの聞こえない音を身体で見せる、ただ一つのパフォーマンス、それは細かい指の動きや身体の動きが微妙で静かに伝わる表現にうっとりしました。「光の音、影の音」を身体で表現したもので、音は耳だけで聴くものではなく、身体表現の中から感じ取る・・・難しいけど初めての体験でした。千里さんは、ロンドンを拠点にアジア、アフリカ、欧米で幅広く活動だされているパフォーマーです。機会ありましたら、ぜひご覧いただけたらと思います。

では今年も大変お世話になりました。来年は1月7日に茶話会を行います。是非新年最初の集いです、どうぞお出掛け下さい。

01 11月

ヴァンサンへの手紙

朝夕すっかり寒くなり、いよいよ11月ですね。日一日と寒さが厳しくなりますから、風邪にご用心ください。

さていつも茶話会にご参加頂いておりますTさんから、渋谷・アップリングという小さな劇場で上映中の「ヴァンサンへの手紙」というフランスのろう者の置かれている現状を描写した映画とお聞きしております。上映日時・時間等は調べてからお出かけください。私もぜひ鑑賞したいと思いながら、まだ行く時間が取れず調べておりません。分かりましたらまた具体的にお知らせします。

今月の茶話会は5日、定時に行いますので是非ご参加ください。寒くなりましたので、山形の芋煮でも作ってお待ちしております。

06 10月

10月の茶話会

9月には次々と台風到来しましたね。29日に丁度大型台風24号が来ていて、強風雨との報道でした。茶話会ご参加の方々は高齢の方が多いのと、横浜や江戸川区外からおいでになる方もあり、直ぐ交通網の混乱が起きるので問い合わせに悩みながら「中止」とさせていただきました。ところが10月1日は台風一過の晴天、「しまった!」と思いましたが、既に予定ありと言われた方もおり、マァ・・仕方ないと思っていました。お昼になったら、Kさん、Tさん、初めてご参加のSさんをお連れしていらして下さいました。そこで急遽、サンフランシスコより帰国中の義弟も参加し、事前にご連絡した方には申し訳ありませんでしたが茶話会を行いました。楽しみにしていた方々には、心より深くお詫び申し上げます。

たまたま帰国中に参加した義弟は、右耳が全く聞こえない一側ろう(中耳炎で失聴)で苦労した話、それに昨年膵臓癌を自分で発見、手術後劇的に回復した経緯や発見した時の状態を詳細に説明し盛り上がりました。すい臓癌は自覚症状が無く、症状が出て診察を受ける時にはステージ4とか、5とかで後数カ月と宣告される生存率の低い怖いガンの一つです。

話題は健康でいるための日常生活のことなど、自分が体験した病気の話、圧迫骨折の後どの様にリハビリをして現在のように元気になったかなどの情報交換が出来ました。

自然災害の多い9月でしたが、10月早々に大型台風25号が来ており、又被害が出ない様にと心を痛めながら祈る日々です。11月は5日に行います。行船公園の紅葉が綺麗になりますので、外でお茶をしたり、散策して楽しみたいと思います。是非ご参加ください。