設立趣旨

ゆうわの設立趣旨は、乳幼児から高齢者までの聴覚言語障害者の相談支援、地域貢献を目的に創設しました。創設時、長年に亘り耳鼻科医として臨床活動を行い、また東京学芸大学で聴覚言語障害学の講義をされて教育、福祉分野で活動する学生の養成にも尽力された,大和田健次郎先生が賛同して頂き出資金を頂戴しました。

ゆうわ代表の筒井優子は、言語聴覚士として東京都心身障害者福祉センターで40数年に亘って,聴覚言語障害児・者の聴力検査、進路相談、就労相談、補聴相談などを行ってきました。また、失語症者の言語訓練、生活支援も行ってきました。平成15年から1年間の短い期間でしたが、東京都老人医療センター(現在の長寿医療センター)で、急性期の脳血管障害者の検査、言語訓練も行いました。

またもう一人の設立理事中吉玲子は、長年小学校教員として30年間活躍し、その間10年間ことばの治療教室に勤務し、言語訓練を行いました。それらの経験を活かし、二人とも微力ではありますが社会貢献をしていきたいと考えております。

ぜひ、地域で気楽に集える、開かれた和やかな居場所として「融和」、「友和」、「優和」「ゆうわ」を目指していきます。

ゆうわ 代表 筒井 優子